高校生の就職のポイント ~志望動機の書き方について~

ジョブカフェの【わあ】です。

今日は、志望時の書き方に関するコラムです。

 

就職する時にまず必要な書類は履歴書!!

多くの場合、作成中一番悩むのは、志望動機だと思います。

高校生の場合、履歴書の志望動機でチェックされるポイントは「意欲・やる気」が重視される傾向にあります。

また、「どれだけ自分のことを分析できているか」「どれだけ企業のことを分析できているか」

「人として問題なさそうか」「入社したら活躍できそうな人材か」を履歴書でみられます。

 

志望動機のつくり方の基礎は、

○自分の過去の成功体験、アルバイトの職歴、勉強した資格、その他頑張ったことを書き出す

○応募する企業を徹底的に分析する(事業内容、沿革、企業理念、過去の実績、受賞歴など)

○自分と企業の共通点を探す

の3工程です。分析すればするほど良い志望動機になると思ってください。

志望動機の書き方の手順は、

○結論から書く ○結論の理由を書く ○自分を採用するとどんなメリットがあるかを書く  です。

 

≪例≫

「貴社を見学した際に、新しいものを作り上げていくことや挑戦を恐れず

成長をし続けることを大事にされていることがわかりました。(結論)

私は自ら成長できるよう3年間の高校生活を過ごしました。(理由)

その身に付けた力で新しい挑戦を恐れず、成長し続け、

貴社の一員としてぜひ仕事を頑張っていきたいと思います。(自己アピール)」

 

履歴書の志望動機は、面接を受ける時、

自分をアピールする材料となりますので、十分考えてください。

ここに挙げたのは、あくまでも一例です。

面接の時に自分の言葉で話せるようになっていると良いですね。

最後に企業が求めている人材は、「企業に合っている人」「企業に利益をもたらしてくれる人」「やる気のある人」です。

自分をアピールする履歴書・志望動機になるように頑張ってください。

 

どうしても難しい・・そんなときは、ジョブカフェにご相談下さい。

気仙管内の高校には、ジョブカフェから支援員が訪問しています。

担任の先生や進路指導の先生に話して予約をとるか、

訪問日に進路指導室に来てみて下さいね!

もちろん、ジョブカフェへの直接のお問い合わせもOK!

メールや電話での相談も対応しています。