信頼関係とマナー

こんにちは!☆05号☆です。

今回は、うちのボスのサムより「これを伝えて欲しい….。」と、

私のデスク右側から、す~っと、ボスの想いの詰まった原稿を渡されたので

☆05号☆は代筆に特化して、最後にちょろっとまた持論を語ります。

 

今回は、サムの若かりし頃の苦い苦い失敗談をお伝えしようと思います。

この失敗からなぜビジネスマナーが必要かが、おわかりいただけるのではないでしょうか?

 

私が、かつて金融機関に勤めてい23、24歳の頃のことです。

当時の私は、月掛けの預金を契約しているお客様のご自宅まで、50CCの原付バイクに乗って集金に伺う仕事をしていました。

それは、冬のとても寒い日のことでした。スーツの上に防寒着のジャンバーを着てバイクで集金に回っていました。

何カ月も通って親しくなったお客様のところに伺ったときです。

そのお客様は、私に「寒いところをご苦労さん。上がってお茶でも飲んで、体を温めていきなさい」と言葉をかけてくれました。

私は、嬉しくなり、「それでは失礼いたします」といってお客様のお言葉に甘えました。

炬燵に入れていただき、熱いお茶もいただきました。お陰様で冷えた体が温まりました。

そして、お金を預かり「ありがとうございます」といって、その場を失礼しました。

それから数日してのことです。

外勤から事務所に戻ったら、奥からそのお客様の大きな声が聞こえてきたのです。

 

「支店長、お宅では、職員にどんな教育をしているんだ。」

「あんな失礼な職員がいる金融機関に、安心してお金を預けることはできない。全部解約する。すぐ処理してくれ」

 

私は、お客様がなぜ怒っているのか、まったく見当がつきません。

お客様が帰られてから、支店長に呼ばれてこう聞かれました。

「●●さんのとこで家に上げてもらうとき、ジャンバーを脱いだか?」

私は、その時の事を思い起こして、「あっ、脱ぎませんでした」と答えました。

「サム君、人の家に入るときは、入る前にジャンバーやコートなど防寒着は脱ぐのがマナーなんだぞ。

君は、風で巻き上げられたホコリのいっぱいついたジャンバーを脱がずに部屋に入ったんだ。

●●さんは、そのことがとても不快だったんだよ。もっとマナーを学びなさい。」

私のマナーを欠いた行動が、一瞬でそのお客様からのを信頼を失ってしまい、

更に、自分一人の責めだけでなく、職場の看板まで傷つけてしまったのです。

私は、この失敗から、お客様を不快にさせないようにすること。

そのためにマナーは大事なんだと学び、今でも自分自身のビジネスマナーを振り返るようにしています。

接客・サービス業や営業じゃないから。ビジネスマナーなんて・・・と思う人もいるかもしれません。

でも、上司や先輩に対してマナーを欠いた行動をすれば、

円滑な人間関係を築くことはできません。

ビジネスマナーは、相手を気遣うことでもあります。

時間のある時でもかまいません。職場や取引相手等との人間関係に躓いた時、

自分のマナーがどうだったかも振り返ってみて下さい。

もし、そこにマナーを欠く行動があったのなら、正す努力をしてみて下さい。

時間がかかったとしても、良好な人間関係に戻れるきっかけになるかもしれません。

はい。

いかがでしたでしょうか?

もしかすれば、そのお客様が解約に至った理由は、ボス(サム)のマナーだけではなく、

お客様自身の問題もあったかもしれません。解約するための単なる理由付けだったかもしれません。

でも、「解約する」トリガーを引くきっかけになったのが、ボスの間違った行動だったのかもしれません。

☆05号☆的には、話だけ聞くと、今の時代なら少し横暴だなぁとか、

せめて、どこかでボスに業務上のリカバリーチャンスを与えるお客様であってほしかったなとは思いますが・・・・。

まぁ、失敗するのは嫌だけど、失敗しないと学べないことも多々ありますしね!

結果的にボスの仕事やマナーに対する姿勢を正してくれた人物ではあるので、

結果オーライ!?なのかな(;・∀・)

 

そんなボス(=サム)が学んできた、生きたビジネスマナーを学べる

ジョブカフェのマナーセミナー!!

一緒に学んでみませんか?

学びの秋☆10月☆就職応援セミナー

日程的に厳しい~という方は、お問合せ下さい。

セミナーとしてではありませんが、ワンポイント講座的にレクチャーすることも可能です!

可能ですよね?ボス!

大丈夫!☆05号☆が、ボスにごり押しでお願いします♪